whatwhywherewhohowhow mucheventlinkQ&Ahome

W ho .......ミュージシャン紹介

Vocal  Piano  Guitar  Organ  Bass  Drums
管楽器 弦楽器 その他

※↑クリックすると、それぞれのインデックスのページに戻ります


写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

西田あつ子(にしだあつこ)

ヴォーカル

京都府出身 5月17日生まれ
金蘭短期大学文学部英文科卒業
9歳の時学校の先生に勧められて、少年少女合唱団に所属して歌を始め、ヨハンシュトラウスを初めとするクラシック音楽を中心に、合宿・地方公演などを経験しながら音楽に親しむようになる。一転して、高校の時にアメリカン・ポピュラーソングに興味を持ち始め、バンドのボーカルを担当するようになり、1980年ヤマハ8.8コンテストで、万博ホールに出場したのがきっかけで、以降プロとして歌の仕事をするようになる。
そのほかに、ラジオ関西の番組『サンディ・サウンドストーリー』、『サンディお喋り仲間』のアシスタント・パーソナリティなども務める。
1988年、アメリカに興味を持ち西海岸・東海岸と旅をして、翌年1989年にニューヨークのMannes・College of Musicにて学び、ボイストレーナー"Al Foster"に師事し、Fosterと共にBarやPartyなどを経験し、運良く“アメリカ永住権”が取得できたことで移住することになる。
New York Holiday Inn Crown Plaza Hotel、Coneria Cafe、Cafe chin chinなどで、歌って来た他、“Walter Wickiser Band"のレギュラーメンバーとして女性4人のバックボーカル(白人2人、黒人1人、私)の1人として約3年間、クラブ・USA、クラブEXPOなどに出演した。帰国後、三田屋本店、豊中Sosh Barのレギュラーをはじめ関東方面に於いて横浜ジャズメン・クラブ、銀座Ami's Bar、Something等で歌っている。
好きな音楽は、ジャンルを問いませんが、やはり今はスタンダード・ジャズが好きで、美しいメロディの中に潜む数々のテンションには、惹かれますし、クラシック音楽にもそれは、感じます。
趣味といえば、渡米以前は、乗馬に輿味がありやっていましたが、今は特になく音楽に関するいろんなこと全てが趣味かもしれません。
アメリカで、暮らしていた時エアー・ラインのオペレーターを何年もやって来たことで、英語にはかなり慣れ親しめたと思います。英語が身近に感じられるようになれた事で、自分の世界は少し広がりました。
ジャズに輿味を持ったキッカケと言えば、学生の時にソウル音楽なるものを歌っていて、その頃“マリーナ・ショウ”が非常に好きで、彼女のレコードを買いあさり、その中にいわゆる“スタンダード・ソング”がはいっててとても衝撃を受けました。と、同時に他のジャズ・ボーカルも聞いてみようと思い始めて、“エラ”の“ミッドナイト・サン”には、鳥肌がたったのを覚えています。
“エラ”、“サラ”、“カーメン”の3大ボーカルは、バイブルと言えるほど好きですが、メル・トーメ、チェット・ベイカー、ナット・キング・コールも大好きです。
ミュージシャンでは、ハンク・ジョーンズ、ケニー・バロン、ソニー・ローリンズ…もっと、もっと沢山います。


あらゆる 生演奏 のご相談は  ミュージック・プレゼンター  おとや  へ
http://www.otoya-music.com  メール: info@otoya-music.com  電話:06-6628-0058