whatwhywherewhohowhow mucheventlinkQ&Ahome

W ho .......ミュージシャン紹介

Vocal  Piano  Guitar  Organ  Bass  Drums
管楽器 弦楽器 その他

※↑クリックすると、それぞれのインデックスのページに戻ります


写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

山下忠彦(やました ただひこ)

ヴォーカル

17歳の時に千葉真一のジャパンアクションクラブ(JAC)に入門。 18歳の時にB.スプリングスティーンや浜田省吾に影響を受け作詞作曲を始める。
’96年よりアルバム「至上の希望」「Lover's trip on the Stage」「Sunrise&Sunset」をリリースし、全国ツアーを北海道から沖縄まで行う。
’05年8月、関西のアーティストが平和をテーマに作ったコンビネーションアルバム「Pease!」に『心の平和』で参加。
’06年7月4枚目のアルバム「ONE LIFE〜命は一つ〜」をリリース。

ニッサンやスポーツタカハシなどのCMソングやナレーション、企業のイメージソングなどを手がけ、世界連邦、ライオンズクラブや、各地域の主催するボランティアライブなど、沖縄で世界平和チャリティーコンサートも行う。

’05年4月よりFM845にて毎週月曜日PM1:00より「山下忠彦LIVE!太陽のあたる場所」メインパーソナリティとして放送中。’06年10月より、奈良どっとFMにてレギュラー開始。
京都駅〜京都女子大学前循環11号系統プリンセスラインバスのイメージソング「プリンセスライン」を手がけ、車内で放送中。現在は河原町〜京都女子大学も運行中。同様に京都タワーのイメージソング「Kyoto Tower」も手がけ、現在京都タワーで「Kyoto Tower 2」が流れている。

役者活動として、ラジオドラマ「鬼門」の声優や、舞台「大化の改新」での山背大兄王を、「八つ頭」では主演で 須佐之男胃命を、「元の黙阿弥」では主演で筒井順昭と黙阿弥の二役を熱演。

また’06年4月より情報誌「risi:v(リシーブ)」にてコラム「山下忠彦のこの道の果てまで」を連載開始。
現在はwebマガジンにて連載中。山下忠彦コーナーもあり。


「曲作りのテーマは『希望』。人の心に明かりを灯せるような曲を一曲でも多く作り全国に活動を広げていきたいと思っています。」と本人は語る。



あらゆる 生演奏 のご相談は  ミュージック・プレゼンター  おとや  へ
http://www.otoya-music.com  メール: info@otoya-music.com  電話:06-6628-0058