whatwhywherewhohowhow mucheventlinkQ&Ahome

W ho .......ミュージシャン紹介

Vocal  Piano  Guitar  Organ  Bass  Drums
管楽器(Saxophone, Trumpet, Clarinet等)  弦楽器(Violin等) 
その他

写真または名前をクリックすると、詳しい紹介のページに替わります

(順不同)


Vocal
写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

西田あつ子(ジャズ)

ラジオ関西の番組『サンディ・サウンドストーリー』『サンディお喋り仲間』のアシスタント・パーソナリティ。 New Yorkで『Walter Wickiser Band』の女性4人のバックボーカルの1人として約3年間、クラブ・USA、クラブEXPOなどに出演。

山下みさ子(ジャズ)

スタンダードジャズナンバーを中心にポップスなど150曲余りのレパートリー。
ギターリストの村山義光とデュオのアルバム
「Yamashita Misako 1st」をリリース。

朝日愛美子(ジャズ)

ベラミ、トップ・オブ・ミヤコ、サテン・ドール等、関西のホテル、ライブハウスに数多く出演。スタンダード・ジャズのナンバーの他、映画音楽、ポピュラー等も唄う幅広いレパートリーを持つ。現在、「香雲ミニコンサートin大原」などにも出演。イベント・ライブでも活動中。  

堀江ミカ(ジャズ・ポップス)

スタンダードナンバーを中心にポップス・ラテン等200曲以上のレパートリー。
1996年10月10日NHK番組、マイルスデイビス、ジョンコルトレーン・トリビュートに関西を代表するボーカリストとして出演。

菊野ともこ(ポップス)

洋、邦楽ポップス、スタンダードジャズで、BAR、レストラン、ブライダル式、披露宴、フェア、企業グループパーティに出演。コミュニティラジオ番組のレギュラー。ラジオ番組イベントでライブハウス(チキンジョージ)出演。MCも担当。

楠本なおこ(ジャズ)      

ジャズ、ブルース、ゴスペルのレパートリーを持ち、神戸を中心にライブ活動を展開。神戸のジャズハウス『グレートブルー』のオーナーでもあるピアニストの安藤氏に「他のボーカリストにはないモノクロのイメージだ。」と寸評を受ける。        

佐藤勢津子(演歌)

美空ひばり実妹
『1989年6月24日 姉・美空ひばり永遠の眠りについた後「代わりに歌って欲しい。」とのファンの声に支えられて、デビューを決意。      

山下忠彦(JーPOP)

シンガーソングライター
NISSANシルビアのCMソングに「真夜中の恋人」。 アルバム『至上の希望』『Lover's trip on the Stage』『Sunrise&Sunset』
※テーマは「希望」。人の心に明かりを灯せるような曲を一曲でも多く作り全国に活動を広げていきたい。

平一声 (歌謡)

浪曲師、京山小圓、曲師、春野百合奴の長男として生まれ、昭和43年、四代目、京山小太夫襲名。昭和50年、ソロ歌手、平真明として、「さよならは言わないで」でレコードデビュー。演歌からスタンダードジャズまで唄う。
         

細川 ヒロミ(ジャズ・ラテン)

「ピーター」の愛称で親しまれる関西ジャズ界の重鎮女性ボーカリスト。ライブハウス、ホテルのディナーショー、イベント、パーティー出演など関西を中心に活動。TVレギュラー出演のキャリアを持ち、CMソング等の吹き込みも多数。レパートリーも百数十曲あまりを持ち、幅広くステージに応じて使い分けるベテランプレイヤーである。

津川 かおり(ジャズ)

1987年ホテル日航大阪スカイラウンジ「ジェットストリーム」ステージシンガーオーディションに合格。同年4月より1年間「ジェットストリーム」に専属シンガーとして出演。その後「ブランデトワール」(神戸ポートピアホテル)、「TOP OF MIYAKO」(都ホテル大阪)など京阪神のホテル、クラブ等に多数出演中。
         

久保 啓子(クラシック・ソプラノ)

神戸女学院大学音楽学部声楽専攻卒業。廣澤節子氏に師事。多くのコンサートや結婚式・イベントに出演。DTM(コンピュータ・ミュージック)にも精通し、ヤマハPEN本部主催’99全国オリジナル・ソフト・コンテストにおいて『優秀インパクト賞』を受賞、Mumaにて配信されている。
      

海道 美智恵(東京、東日本エリア)

新宿カーニバル、銀座シグナル、カナディアンウインドなど、ジャズライブハウスに多くのミュージシャンと共に数多く出演。ファンも多い。2000年11月、ゴスペルクワイヤー「BLESS YOU」を日吉に立ち上げ、40名のメンバーと共にライブ活動を展開。イベントやラジオ番組出演等、精力的な活動を行っている。
         

砂海〜サミ〜(ロック・ポップス)

J.ロックシンガー。アン・ルイスをこよなく愛する王道ロック派のシンガーで、バラード系の楽曲にも強みをみせる。「大阪フラミンゴ・デ・アルシヤ」にてライブデビューを飾り、関西で活動中。
         

浅野直子(ポップス)

シンガーソングライター。オリジナルの他にも、R&B〜ポップスなどを歌い、ボーカリストとしても活動している。ボーカルとギターのユニット「おもちゃばこ」のメンバーでもあり、ライブやイベントで活動している。


Piano
写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

石熊楽子/Racko

大阪教育大学卒業。学生時代よりハモンドオルガンに親しんでいたが、ピアノに転向。岸ミツアキ氏に師事し研鑽を重ねプロ活動に入る。’91〜’93旧中ノ島ロイヤルホテルのスカイラウンジで「トリオ30」のレギュラーピアニストを勤めた後、関西のホテル、ライブハウス等で小編成のコンボからフルバンドに至るまで幅広い演奏経験を持つ。

岡本真里

宝塚大学ジャズコンテストでベストプレイヤー賞(ピアノ部門)を受賞。京阪神のライブハウス、ラウンジ、劇場、ホテル等で演奏。バックバンドを務めた歌手:森進一、大月みやこ、里美浩太郎、舟木一夫、中村美律子、コロッケ、その他。

村上剛

ジャズから歌謡曲まで。田川寿美新歌舞伎座公演。キム・ヨンジャコンサート。舟木一夫 南座公演。鳥羽一郎、山川豊、山本譲二等、多数共演。NHK FM 昼の歌謡曲、AM、昼の散歩道 公開録音。

河合佳子

スタンダードジャズ、スクリーンミュージック、シャンソン、ラテン、ポップス、クラシック等、約500曲のレパートリー。リーガロイヤル、ホテルリッツカールトン、ホテル・ニューオータニ、クルージングレストラン・シルフィード等で活躍。
  

平山 のりこ

京都市出身。短大在学中よりキーボードのデモンストレーターやブライダルプレーヤーとして稼動し始める。現在、ラウンジ、ライブハウス等で週5本のレギュラーを持つ。

矢島美幸 (クラシック)

相愛大学作曲学科音楽学専攻卒業。カワイ音楽教室で4年間ピアノ講師として務める。サンマルク鴻池店で2年間、フルート伴奏を含めたピアノ奏者として演奏。現在、講師のかたわら、ハイアットリージェンシー大阪、東洋ホテルなどのホテル、結婚式場で活動。

川合 亜美 (クラシック)

兵庫県立西宮高校音楽科、大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業。毎日新聞社主催の、関西における登竜門コンサートといわれる「若い音楽家たちの飛翔コンサート」にも出演。ソロだけでなく、室内楽、声楽伴奏なども含めた演奏活動を行なっている。

藤原 愛香 (クラシック)

大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業、同大学院教育学研究科芸術文科専攻終了。
大学在学中、ソリストとして学内オーケストラと共演。日本調律師協会主催第2回よんよんコンサート、ベルギーフランドルセンター主催新春コンサート、第52回朝日推薦演奏会などに出演。

Guitar
写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

村山義光

1991年 ソロアルバム「ベルカント」村山義光ウィズ・ストリングスをリリース。
TV放映「ソウル・ジャズフェスティバル」、ジャズ番組「OOMORI BAND特集」その他。 山下みさ子(vo)とデュオァルバム「Yamashita Misako 1st」

上川保

「ブルースのムード」「ジャズのエッセンス」を下地にジャンルを問わず演奏を展開。 日本では数少ないポルトガルギター奏者としてファド歌手月田秀子のグループにて全国的に演奏活動を行なっている。

岸本耕誌

マリーン、古谷充など一流ミュージシャンとも共演。八代亜紀、天童よしみ、中条きよし、デュークエイセスなど多数のサポート。読売テレビ、五木ひろし、堀内孝雄司会の「歌ってe−気分」に一年間、レギュラー出演。
     

山本 佳史

1998、1999年2年連続でGibson Jazz Guitarコンテストに出場し、いずれも「ExcellentGuitarist」他賞を受賞。オランダのジプシースイングジャズ・ギタリスト「Stochelo Rosenberg」より絶賛を受けた、日本を代表するジプシー・スイング・ギタリスト。2005年CD「Cafe Manouche」をリリース。現在、東京・名古屋・大阪・神戸・京都を中心に活躍中。
     

東 勝徳

1954年生まれ。大阪出身。10才の頃よりベンチャーズを聴き、ギターを独学で始める。18才の頃からプロとしてあらゆるジャンルの仕事を手がけ、その後「義則忠夫とキャスバ・オーケストラ」に入団。現在はオーナーズラウンジで演奏するかたわら関西を中心に演奏活動をしている。

管楽器
写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

足立衛

ALTO SAX 、CLARINET。昭和46年4月から21年間 北野タダオアローシャズオーケストラに在籍。 ディージー・ガレスビーや日野晧正なと数々のアーチストと共演。 フリーのマルチリード奏者として、各方面で活躍中。

宮岡信夫

Trumpet。高知生。北野タダオとアロージャズオーケストラでは、ソリストとして活動。
1978年、テレビドラマ、必殺仕掛け人の演奏者として活躍。
CD『I always have your dream』2000年より関西ジャズ協会常任理事。

宮部正幸

テナーサックス奏者。
キャバレー、ダンスホール、プロ歌手の伴奏で劇場出演。
上海への演奏旅行、ライブハウス等での活動などを経て現在に至る。

村山純平

テナーサックス奏者。20才の時Jazzに目覚め、キャバレー・クラブ・様々な歌手のツアーバンド・スタジオ録音などの演奏の他に、リハーサルバンドによるライブ活動を続ける。現在小林マリコ(vo.)氏のステージが多い。

中井幸一

編曲、トロンボーン、バストランペット、バストロンボーン。アロージャズオーケストラに入団。後に、ビッグバンドにチューバ、フレンチホルンを加え、フルートを多用し、アグレッシブなコンボの様なコンセプトのビッグバンドを発足。

藤原敏

「クラブアロー」「ユニバース」「京都ベラミ」など有名クラブで演奏。「京都ポップスオーケストラ」で主席奏者として活躍。その後フリー。五木ひろし、森進一、八代亜紀などビッグスターのバックバンドで演奏多数。

黒田貞幸

SAX(as・ts・ss)・フルート・クラリネット
昭和57年頃には、ホテル日航大阪のラウンジにレギュラー出演。青江三奈さんの専属バンドも。現在、MJOのメンバー又フリーミュージシャンとして活躍。

吉岡 隆

サックスプレイヤー。義則忠夫とキャスパオーケストラなどのビッグバンドで、リードサックス奏者としてプレイ後、自己のバンドやゲストプレイヤーとして演奏、又、スタジオにてCD制作の録音に加わるなど、ジャズ、ラテン、シャンソンから津軽三味線との共演。

武井 努

サキソホ−ンプレイヤー。ジャズだけでなく、他ジャンルにも積極的にトライし、モダンチョキチョキズ(POPS)やWooden Pipe(Rock)等にも参加。現在も精力的に活動中。演奏だけでなく、作・編曲、コンピュータミュージックも手がける多才なプレイヤーである。

森本優子

フルート奏者。幼少よりピアノを学び、大学時代よりジャズ・フルートを始める。ジャズ、ボサノバ、サルサなどのバンドを経て、現在京阪神のライブハウスを中心に演奏活動を行なっている。また、CD制作にも参加し活動の範囲を拡大中。

HEIKA岸田

サキソホーン&フルート奏者。通称「ヘイカ」と呼ばれている関西Sax界の大御所。数々の歌手のバックをこなし、ジャズ、ポップス、歌謡曲など、どの分野でも安定したサウンドを提供している。

高橋知道

1981年生まれ。サキソホーン&フルート奏者。2003年第1回守口門真ジャズコンテストでグランプリの他すべての賞を総なめし、翌年の浅草ジャズコンテストでもバンド部門でグランプリを獲得。日野てるまさなど著名人とのセッションも数多い。現在、島本高之(TP)アンサンブルラボや自己のバンドなどで、全国をまたにかけて演奏活動を展開中。

西岡美和

大阪音楽大学ジャズコース卒業。サックスを飯守伸二・赤松二郎・土岐英史氏に師事。女性ながらパワーのあるプレイを聴かせる事で定評がある。現在、関西〜東海を中心にライブ、イベント、音楽企画等で活動中。日々、サックス、その他の楽器でジャンルの枠を超えた演奏を追求している。


弦楽器
写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

吉矢千鶴 (クラシック)

ヴァイオリン
第17回和歌山音楽コンクール、弦楽器部門大学生以上の部第2位。 現在、後進の指導にあたる傍ら、室内楽、ソロなどで演奏活動を行っている。

Yu-Ma

ジャズヴァイオリン奏者。ゲーム音楽やCMのレコーディング等、その活動は多岐にわたる。 劇場音楽のヴィオリン奏者を務める傍ら、ジャズライブを精力的に行っている。J-POPシンガー「dorlis」のライブサポートメンバー。  
-

松木 奈津子 (クラシック)

愛知県立芸術大学、同大学院卒業。1999年、大学院在学中にルヴァロア弦楽四重奏団を結成。現在、名古屋を中心にオーケストラ、室内楽、ソロで活動中。


Organ
写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

建部さと子

ジャズのハモンドオルガン奏者。現在、ラグタイム大阪、帝塚山ラグタイム等でオルガントリオで演奏活動中。 ハモンド梅田センターで講師。御堂筋ジャズギャラリーのオルガンイベントにも参加。

Bass
写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

奥崎久雄

ジャズ・ポップス等幅広く演奏。オーケストラのベーシストとしても数くの歌手の伴奏も務める。国立文楽劇場にて人形劇団「クラルテ」創立55周年記念の「三文オペラ」公演出演。2003年「大阪ブルーノート」で「きむらたくやトリオ」のライブにも出演。

佐々木研太

ウッドベース、エレキベースを使い分け、ジャズを中心に、ジャンルにとらわれない活動を行っている。 「道下克己/道下の音楽」、「道下の音楽/真昼の星」、「甲斐完治/DEAR PEOPLE」のレコーディングに参加。

森岩光

柳学園JazzBand部講師(卒業生に時安吉宏(Bass)、家谷望(Dr)ほか)。 すべての音楽を愛し、ポールチェンバース・レイブラウン各氏を敬愛し、関酉弁でしゃべる Jazz,Somethingの有るBassistをめざし邁進中。

平倉博司

大阪、神戸、京都を中心にLIVE、イベント、ホテル、レストランで活躍。 1998年〜2003年 ロ・テルド比叡レギュラー出演。イベント、ブライダルなどの企画演出も行っている。

HUCK(ハック)

Moveable Feast・Super Soul Stuffなど、主にファンク・ソウル系のバンドで活躍する。 現在は、ベースとドラムのリズムユニット「亜戊珀」(あぼはく)で活動中。

坂下貞行

ノリのいい彼のべースではダンス〜ポップミュージックなど、幅広いジャンルをカバー。 現在、スタジオミュージシャンが集結した宮本リョージ(ドラムス)率いる4人のメンバーで構成されたグループ“ランブル”のレギュラーメンバー。

家口直哉

1971年生まれ。京都出身。大阪府立大学在学中にフルバンドでウッドベースを担当し、その頃よりジャズに傾倒。中嶋明彦氏に師事する。アントニオ・ハート、ジョン・ピザレリ等の一流プレイヤーともセッションし、経験を重ねる。

尾崎 薫

1977年生まれ。エレキベース・ウッドベースを使い分け、ジャズからハードロックまで様々なジャンルの音楽に対応。ライブ活動だけでなく、パーティーやブライダル、店舗での演奏、歌手のバックなど幅広く演奏の仕事をこなす。

田野 重松(東京、東日本エリア)

1988年、東京ホットクラブバンドに参加。コンサートをはじめ、テレビ、ラジオ、CD制作、CM制作に携わる。2000年には、アメリカ、カンサスシティでの演奏が賞賛され、カンサスシティ名誉市民をして表賞される。現在も多くのレギュラーバンドを持ち、精力的に活躍中。

Drums
写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

藤沢茂弘

Drummer。
様々な歌手、タレント、ミュージシャンのサポートをし、現在、Racko Jazz Triangle、自己のグループ等で活動中。また、Dr.講師としても活動中。

工藤夕佳

山形県出身。ポップス、ジャズなど様々なジャンルのドラマー、及び作曲、アレンジなど幅広く活動中。

宮本リョージ

カリスマ的存在の天才ドラマー。 藤田まこと必殺シリーズ舞台公演(京都南座)、鳥羽一郎 山川豊 兄弟公演(大阪新歌舞伎座)、里見浩太朗 特別公演(梅田コマ劇場)、森進一特別公演(梅田コマ劇場)。

abochan

1989年冬から関西を中心に活動を始め幅広いジャンルに挑戦する。1994年にオールディーズバンドThe Boppersを結成し大阪のライブハウスにレギュラー出演! 現在drum&bassユニット「亜戊珀」(あぼはく)で活動中!

矢吹博文

大阪を中心にプロドラマーとして活躍後、淡路島に帰郷しドラムスクールを設立。淡路の音楽界の発展に大きな影響を与える。ジャズ・ソサエティ会長として淡路でのジャズの普及に貢献。現在もコンボバンド、ビッグバンドを育てながら柳学園ジャズバンド部も指導。淡路の若手プレイヤーの父親的存在である。

河本 肇

1989年より横浜を中心に演奏活動を開始。ドラムを竹田亨・ニックトウィマン・スティーブウィルクス各氏に指示。近藤洋一トリオ、長谷川康弘カルテット、林正男トリオ等で各地ライブハウス等に出演する。現在は関西を中心に活動している。

山形 政史

大阪芸術大学卒。上京後、ジャズドラムを故日野元彦氏に師事。都内のライブハウス等で活動する。1999年より何期かに渡って「愛の讃歌PIAF」のサポートバンドに参加。

その他
写真 ミュージシャン・楽器・得意分野

辻晋哉

クロマティック・ハーモニカ。 1991年(アメリカ)、1997年(ドイツ)で開催されたFIH世界ハーモニカ大会にて、 それぞれ第2位の成績をおさめる。複数のスクールで指導。テレビのCM録音、CDへの参加もこなす。         POPS MATE

フレックス・frex

6人。男性・女性ツイン・ボーカルをフロントにパワフルでグルービーな4リズムがファンキー,ダンサブル,タイト,メロディアス・・自在にアンサンブル。 70's、80's ダンス・クラッシクからR&B、Pops、Funk、フュージョンまでカヴァー。

TOY BOX

1993年結成、フロントボーカルが大阪出身で双子とその姉という異色のコテコテバンド。
熱いバンドサウンドと、ノリノリのしゃべりが特徴で会場を盛り上げます! 50'〜80'アメリカンヒットナンバーを中心に演奏します。。

スターライト

豊富な資料を元に、懐メロ歌謡からポップスそしてジャズに至るまで幅広く演奏し、お客様に生バンドをバックに唄っていただく「生オケバンド」として、またソシアルダンス(社交ダンス)のためのバンド演奏を得意とする関西を中心に活動するベテランプレイヤー5人組。

ウエストウインドオーケストラ

1984年9人編成のジャズバンドとして結成。ライブ、コンサート活動だけでなく、バックバンドとして、八代亜紀をはじめ多くの歌手たちとも共演。ブラスロックの分野では2001年にアルバムも発表。またダンスバンドとしても踊りやすいバンドとして絶大な評価を得ている。

POPS MATE

2002年にクロマチックハーモニカ奏者の辻 晋哉を中心に結成。スタンダードなポップスを様々にアレンジし、京阪神のイベント、ライブハウス等にて演奏活動を展開。2003年に華道家、假屋崎省吾のDVDのBGMにオリジナル楽曲を提供、全国発売となり、好評を博す。         
-

D.R.SWING

1930〜40年代のジプシースイング、フランスのミュゼットを演奏するグループ。ギター2本とアコーディオンという編成で、東京でのライブ、全国でのコンサート、野外ジャズフェスティバル等、幅広い活動を展開中。オランダ、ノルウエー、アメリカなどの海外ミュージシャンからも注目されている。


あらゆる 生演奏 のご相談は  ミュージック・プレゼンター  おとや  へ
http://www.otoya-music.com  メール: info@otoya-music.com  電話:06-6628-0058